会社設立に必要な払込証明書

会社設立に必要なものとしての払込証明書

会社設立をする時には、そのための運転資金として資本金を集めなければなりません。

資本金は会社設立をした最初に必要となる資金だと考えればよいでしょう。資本金は金額として必要となるのですが、出資者が出資したことを証明することも必要です。そのために必要なものとして払込証明書があります。

添付書類として必要となりますから、登記申請を行うための書類として事前に作成しておくことは必要です。

この払込証明書については、かつては銀行などの金融機関に依頼して発行してもらわなければなりませんでした。

会社設立をすれば、もちろんですがその後の経営を行っていくために銀行口座などが必要となりますから、多くの人は将来利用する予定の銀行に依頼していたのです。

しかし、現在のところは特別な書類を作成する必要はなくなっています。

まず、書類の作成は必要ですが、これは簡単に作成できます。

インターネット上でテンプレートを検索すればすぐに見つけることができるでしょう。

そして、払い込まれたことを証明するために、通帳のコピーが必要となります。

この通帳は、たいていは代表者になる予定の発起人のものを利用します。

この時点ではまだ法人格は取得していないのですから、法人としての口座を作成することはできず、そのために個人の口座を利用するのです。

出資する人はこの口座に振り込みを行わなければなりません。

そして、この振り込みが行われたことが分かる部分をコピーして提出する必要があります。

注意しておかなければならないのが手続きの順番です。

株式会社設立をする場合、まず定款の認証手続きが必要ですが、払込については定款の認証後に行わなければなりません。

ですから、定款認証日よりも振り込み日が前であってはならないのです。

この場合には改めて振り込みをしなければなりませんから、時間的にも費用的にも無駄が発生します。

合同会社の場合にはこのような定めはありませんから、順番を考えなくてもよいです。この場合でも基本的には定款を作成したのちに払い込みます。

会社設立をするための払込証明書は、実は自分で作成できる書類です。かつてのように銀行と交渉をして作成を依頼するといったことは必要ありませんから、会社設立をしやすくなったと考えられます。

手続きについても特に難しいものではなくて、定められた順で定められたものを作成していけばよいだけですから、順番に気を付けていけば問題はないでしょう。