ネット銀行について

会社設立と格安の手数料のネット銀行について

会社設立をしようとしている場合、銀行口座を開く必要があります。

その時、どこの銀行に開設しようかと悩むことがあるはずです。

色々な銀行がありますが、選択肢のひとつとして、ネット銀行があります。

最近は、このネットの銀行を利用して会社設立時の口座を開設する場合が増えてきています。色々なメリットがあるためです。

会社設立をして登記が終了すると、銀行口座を開設する必要がありますが、普通の銀行での口座の開設は比較的難しいです。

実績がまったくありませんし、信用性が低いため、開設させてくれないのです。これは、法人名義の口座の悪用による詐欺などを防ぐためです。

もちろん、開設することは出来ますが、そのためには色々と手間がかかります。支店へ何度も行かなければいけませんし、ホームページ、会社案内など、様々な資料を提出することが必要になってくるのです。

しかし、インターネットの銀行の場合は、インターネットでの手続きを行うことと、必要書類を郵送するだけで口座を開設することが出来ます。

また、インターネットの銀行のメリットとして、24時間、振り込みや決済を行うことが出来るということがあります。

土曜日も日曜日も24時間、いつでも入出金をすることが出来ますし、決済もすることが出来ます。

現金を引き出す場合は、近くのコンビニエンスストアなどのATMでインターネットの銀行から発行されているキャッシュカードを利用すれば可能です。

インターネットの銀行のメリットは、手数料が格安である点にもあります。

インターネットの銀行であるため店舗などにかかる経費が削減され、手数料を格安にすることが出来るのです。金利も比較的高い傾向にあります。

セキュリティも重視されているので、安全に使うことが出来るようになっています。その他、会社設立の時に資本金があるという証明をする必要がありますが、法務局に通帳のコピーを提出します。

しかし、インターネットの銀行の場合は通帳がないので、ダウンロードできる取引明細をプリントアウトしたもの、キャッシュカードのコピーを提出するようにします。尚、取り引き明細は銀行名が入っているPDE形式で印刷できるものの方がよいでしょう。

このように、会社設立のために口座を開く場合、ネット銀行を利用するようにすると、色々なメリットがあります。

色々なネット銀行がありますので、手数料や金利、利便性などをしっかりと検討した上で、口座を開設するようにしましょう。